Shinorā Jacketを3種

0

     

    THEモンゴリアンチョップスです

     

    以前こちらのBLOGで少しだけ触れた

     

     

     

     

     

     

     

     

    このThe Shinorāは

     

    スタッフの”シノラ―”によって縫製されたラインで

     

     

    本日ご紹介する「Shinorā Jacket」は

     

    彼女自身を投影したような肩の力が抜けた、ゆるい雰囲気が魅力のジャケットです。

     

     

     

    そんなShinorā Jacketに

     

    今回新たに 《生成りのセルビッチデニム》 を使ったモデルが登場しましたので

     

    ここでまとめてご紹介したいと思います

     

     

     

     

     

    Shinorā JKT

     

     

     

     

    今現在ラインナップされているのは写真の3種

     

     

     

     

     

    WHITE DENIM

     

    SIZE Free

    COLOR Natural

    PRICE 25,000 yen

     

     

     

    YELLOW FLANNEL

     

    SIZE Free

    COLOR Yellow

    PRICE 22,000 yen

     

     

     

    BLUE FLANNEL

     

    SIZE Free

    COLOR Blue

    PRICE 22,000 yen

     

     

     

     

     

    ”ジージャン”と言えば

     

    で皆さんが一番想像する形であろう

     

    Levisの3rd typeと呼ばれる形をベースに仕上げたこのジャケット

     

     

     

     

     

     

     

     

    ただ上の表記にもあります通り

     

    ワンサイズ展開のFree Size。

     

     

    42から44インチくらいの大きなサイズをイメージして頂ければと思います

     

     

     

     

     

    173cm 64kgが着るとこれくらい↓

     

     

     

     

     

     

     

     

    全体的にオーバーサイズ気味のスペックですが

     

    着用感は”程よくゆるい感じ”

     

     

    肩の落ち感に拘ってパターンを引いたので

     

    例えば女性がオーバーサイズで着こなしてもすごくハマる、そんな印象で

     

    良い意味でドン臭さが魅力のシルエットです

     

     

     

     

    ボタンはジージャン特有のタックボタンではなく

     

    パチっと感が気持ちいいスナップタイプ

     

     

     

     

     

     

     

     

    あえてぽくないミニマルなイメージに仕上げてます

     

     

     

     

     

     

    生成りのデニムはセルビッチ仕様

     

    雰囲気はさすがです。

     

     

     

     

     

     

    チェックの方は裏起毛の厚手コットンフランネル

     

    古着好きは特にビビッとくるナイスカラー

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    他、各所のディテールは踏襲しながら

     

    ボタンはパチッとスナップでいつもとは違うちょっとした違和感を

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    私たちの作る洋服の中ではかなりシンプルな方なので

     

    なかなかココ上では伝わりにくいかもしれませんが

     

     

    一度袖を通してもらうと、伝えたい空気感、その他云々は伝わるかなと思います

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    安藤がネルの方を、山本がデニムを愛用してますが

     

    どちらもすこぶるいい感じで

     

     

    普段使いとしてガンガン着ていただきたい一品。

     

     

     

     

     

    オンラインショップにも掲載しましたので

     

    是非ご覧くださいませ↓

     

     

     

    ▼ONLINE SHOP

     

     

     

    それでは。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする