赤いフェラーリ級の雪駄

0

     

    THEモンゴリアンチョップスです

     

    兼ねてからこちらのBLOGやインスタグラムなどでも告知していた

     

    真っ赤な雪駄『kurenai』が、遂に発売いたしました!!!

     

     

     

     

    kurenai

     

     

     

     

     

     

     

    遡る事数年、あれは2014 S/S COLLECTION

     

    真っ赤なコーデュラナイロンで作った珠玉の一品

     

     

     

     

     

     

     

     

    そのイメージを今度はオールレザー

     

    それも、初代宮崎と同じガラスレザーを使ってパキパキに仕上げました!!!

     

     

     

     

     

     

     

    踵部分にはトライアングルの焼き印

     

     

     

     

     

     

     

    肌に当たる鼻緒の内側部分は別珍素材で優しい肌触り

     

     

     

     

     

     

    鼻緒をすげる作業は熟練の職人さんの感覚が大事な工程

     

    実際に工場を見学させて頂いたときは感動しました

     

     

     

     

     

     

     

    ソールは菱屋さん特製の厚底EVAソールで、クッション性が良く歩きやすいんです

     

     

     

     

     

     

     

    最後はお決まりの菱屋謹製箱に入り完成

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    その輝き、まるで赤いフェラーリの様

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Kurenai

     

    SIZE M・L

    COLOR Kurenai

    PRICE ¥20,000-

     

     

     

     

     

     

    少数生産ゆえ気になられた方はお早めに。

     

    それでは!

     

     


    GVSM雪駄

    0

       

      THEモンゴリアンチョップスです

       

       

      GVSM雪駄

       

      お陰様で好評を頂いております

       

       

       

       

       

      Godzilla

       

       

      Mothra

       

       

       

       

       

      今日はそんな雪駄の”粋な履き方”も交えて

       

      ご説明させて頂きます

       

       

       

       

       

      「G.V.S.M」

       

       

      つまり、「Godzilla vs Mothra」

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2017 S/S Collection

       

       

       

      『PCFとは、”Positive Chunyu Fuku (ポジティブ注入服)”の略語であり、

      ポジティブを共有するツール、また、その思いが注入された被服を指す造語である。

       

      「かっこいい」「バカバカしい」「楽しい」など、正の感覚を共有した者同士が”上がる”要素を持ち合わせた

      THEモンゴリアンチョップスの制作服などは、まさにPCFなのです。』

       

       

       

       

       

       

       

      の大トリに相応しいこの雪駄

       

       

       

       

      そこには、私たちの幼少期のポジティブな思い出がたんまりと反映されています

       

       

       

       

      ちょうど平成ゴジラシリーズが始まった頃、映画館に初めて連れて行ってもらったのが

       

       

       

      「ゴジラ対モスラ」

       

       

       

       

      それをきっかけに、過去の怪獣なんかが載っているゴジラ図鑑的な本を擦り切れるまで読んで

       

      ビデオ屋さんに過去の作品を借りに行き

       

      ラドンやガイガン、クモンガやカマキラスに至るまでたくさん怪獣を見た楽しい思い出

       

       

      そのポジティブな楽しい思い出を僕たちらしく「雪駄」に落とし込んで

       

      今回のGVSM雪駄はできあがりました。

       

       

       

       

       

      Godzilla

       

       

       

       

       

      大怪獣ゴジラ

       

       

       

      そんなゴジラの皮を引っぺがして雪駄に仕立てました

       

      てのは嘘ですが、それくらいゴジラ似の革を使って制作

       

      フルタンニン鞣しの牛革でイレギュラーに入るシボが特徴のこの革

       

      本当に素晴らしい革で、革好きとしてはずっと眺めていても飽きないほど

       

       

       

       

      鼻緒の裏部分のベルベット生地は爪をイメージしたグレー

       

      渋い!!!

       

       

       

       

       

       

       

      シボの入り方に個体差があるので、是非お気に入りを選んで連れて帰ってあげてください

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      対して

       

       

      Mothra

       

       

       

       

      菓子パンのコロネに酷似した形のモスラの幼虫

       

       

       

       

      国会議事堂に繭を張ったビジュアルは有名です

       

      そんなモスラの幼虫そっくりの革を使って制作したこちらのモデル

       

       

       

       

      ポイントは目の部分を表現した水色の配色

       

       

       

       

      これがかなりアクセントになってお洒落です

       

      まあ、あくまでモスラの幼虫を落とし込んだ結果なのですが

       

       

      革もタンニン鞣しを施したうえにさらにタンニン鞣しを施し

       

      これでもかと言うくらい、オイルをたっっぷり含ませた牛革を使っていて

       

      経年変化が楽しみです

       

       

       

      こちらも個体差があるので

       

      お気に入りのモスラを選んでくださいな

       

       

       

       

       

       

       

       

      そんな、こだわり満載の雪駄を作って頂いたのは

       

       

      大正時代から続く老舗

       

       

      菱屋様

       

       

       

      歴史に裏打ちされた技術と間違いない造り

       

      「菱屋謹製」はその証

       

       

       

       

       

       

       

       

      サイズ展開はMとLの2サイズ

       

       

      この”サイズ”ってところで、皆さんあまりご存じないのが

       

       

      「どれくらいが適正サイズか」ってところ

       

       

       

       

      和装的にゆうと

       

       

       

       

       

      26.5cm M着用

       

       

       

      これくらい、踵がはみ出るくらいが良いんです

       

      これが粋。

       

       

      個人的にもこのサイズ感をオススメしています

       

       

       

      正面からだとこんな感じ

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      対してLサイズは

       

       

       

       

      26.5cm L着用

       

       

       

       

      ご覧の様に26.5cmだとすっぽりと足が収まる感じ

       

      サンダルやスニーカーなんかのサイズ感で履きたい方や、足の大きな方にお勧めのサイズ

       

       

       

      正面からだと

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      参考までにモスラも

       

       

       

       

      26.5cm M着用

       

       

       

       

       

       

       

      26.5cm L着用

       

       

       

       

       

       

      店頭では試着用サンプルもご用意しておりますので、是非履き比べてみて下さい。

       

      私たちもサイズ選びのアドバイスをさせていただくので。

       

       

       

       

       

       

       

      どうです?

       

       

      欲しくなってきましたか?

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ではさらに追い打ちを。

       

       

       

       

      今作から踵部のタグではなく押印に変更され

       

      より高級感が増し、所有欲指数も上昇してます。。

       

       

       

       

       

       

       

       

      本当に飾っておいてもサマになる風格があります

       

       

       

       

       

      でも、歩きやすさを考慮した厚底EVAソール搭載で

       

      実用面もちゃんとカバー

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      本当におすすめの今作「G.V.S.M雪駄」

       

       

      前作のIrish雪駄も動きが速かったので、今回も早めのチェックをオススメ致します

       

       

       

       

      G.V.S.M雪駄

       

      SIZE M・L

      COLOR Godzilla・Mothra

      PRICE ¥20,000

       

       

       

       

       

      Godzilla or Mothra

       

       

      あなたはどっち!!??

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      さきほどオンラインショップにもアップしたので是非ご覧くださいませ↓

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ※ご注意

       

       

       

       

      5月は営業日がウィークエンドスタイルに変更になってます

       

      営業時間も12:00 〜 19:00に。

       

      その分僕らが店頭に立って直接濃いー接客させて頂きますので

       

      皆様のご来店お待ちしております。

       

       

       

       

       


      宮4

      0

         

        THEモンゴリアンチョップスです

         

         

         

         

         

        『PCFとは、”Positive Chunyu Fuku (ポジティブ注入服)”の略語であり、

        ポジティブを共有するツール、また、その思いが注入された被服を指す造語である。

         

        「かっこいい」「バカバカしい」「楽しい」など、

        正の感覚を共有した者同士が”上がる”要素を持ち合わせた

        THEモンゴリアンチョップスの制作服などは、まさにPCFなのです。』

         

         

         

         

         

         

        私たちの足元を支える、定番のサイドゴアブーツ『宮』

         

         

        今回はその4

         

         

         

         

         

        宮4

         

         

         

         

         

         

        歴代の宮崎の良い所を集約し

         

        そこにポジティブを注入することで仕上がった今作

         

         

         

         

         

         

         

        まず目につくのはその色使いでしょうか

         

         

         

        赤ベースのライニングにはイエロー

         

         

         

         

         

         

        黒ベースにはライトブルーのライニング

         

         

         

         

         

         

        実はこのカラーリングに秘密がありまして。

         

         

         

         

        今回、宮4にポジティブを注入するにあたってのキーワード

         

         

        それが ”戦隊モノのヒーロー”

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        赤は言わずもがな主役のレッド

         

         

         

        レッドがセンターって、誰が決めたか知りませんが

         

        それに配色で黄色が少し入ったイメージ

         

        これはほんとに皆さんがお持ちの、いわばステレオタイプというか常識ではないでしょうか

         

         

         

         

         

        対して

         

         

         

         

        ブラック

         

         

         

        物語途中から出てくる謎のレンジャー

         

        実はレッドの生き別れた兄

         

         

        これは私たちの想像上の話

         

        でも実際にそんな設定はあったような気がします

         

         

        そんなレンジャーにありそうな配色を表現

         

         

         

         

         

        ちなみに後ろのDカンは、レンジャースーツのファスナーをイメージ

         

         

         

        でも子供の夢を壊しちゃいけないんで

         

        大きい声では言わないでくださいね

         

         

         

         

         

         

         

        っと、拘ったのはカラーリングだけではありません

         

         

        この横から見たフォルム

         

         

         

         

         

         

        つま先が少し上がるようなイメージに仕上げております

         

         

         

         

         

         

         

        履くとホラ、こんな感じ

         

         

         

         

         

         

         

        これ、ウルトラマンなんかのフィギュアを見て思ってたんですが

         

        あーいったヒーローの履いているブーツのつま先ってちょっと上がっているんです

         

         

        気のせいなのかもしれませんが、私たちの頭の中にはそんなイメージがあって

         

        それに、履いてみて思うのですが、つま先がちょっと上がっていた方が1歩目が踏み出しやすいように感じます

         

         

         

        だからああいったアクションを多用する戦隊もののブーツは、つま先が上がっているのか。。

         

        ※これはあくまで推測です

         

         

         

         

         

         

        ソールにはボリューム感、適度な重量感もありながら

         

        意外と歩きやすいシャークソールを採用

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        フロントはストレートチップですが、宮崎3と同じく縫い目を見せない仕様

         

        このちゅるんとした質感が出したかった。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        革は初代宮崎と同じくガラスレザーを使用し

         

        コバ部分は宮崎2と同仕様のヌメ革

         

         

         

         

         

         

         

         

        みんなの想いをディテールに詰め込んで

         

         

         

         

         

         

         

         

        そして、最後は

         

        書道家である宮崎さんのお母様に一筆入れて頂いた箱に収まります

         

         

         

         

        「肆」「し」

         

        4の漢数字なんですが、難しい漢字でなかなか変換にも出てきません

         

         

         

        まあそれは置いといて

         

         

         

         

         

         

         

         

        私たちの幼少期のヒーローを

         

        カラーリングとフォルムで落とし込んだ

         

         

         

         

        宮4

         

         

         

         

        SIZE S・M・L

        COLOR RED・BLK

        PRICE ¥35,000-

         

         

         

         

         

        軽くて履きやすく、なおかつ遊び心に溢れた今作

         

        自信をもってお勧め致します!!

         

         

         

         

         


        | 1/5PAGES | >>