ボンスリ

0

     

    THEモンゴリアンチョップスです

     

     

    私たちの定番パンツ「ボンスリ」

     

    ”ボンタンスリム”の略で変形学生服をイメージして作ったスラックスベースのパンツです

     

     

     

    昨年はデッドストックの生地を使って制作し

     

    ありがたいことに瞬く間に完売御礼。

     

     

    今回の発売を待ってくれていた方も多いと思います

     

     

     

     

     

     

    ボンスリ

     

     

     

     

     

    もとは学生服の生産で栄え、今はデニムの町として知られる

     

    岡山・児島でこのボンスリは生まれています

     

     

     

     

     

     

     

    れっきとしたスラックスをベースに、一度サンプルを上げ

     

    それを穿いた状態でもう一度ピン打ち

     

     

    膝下をギュッと絞りました

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    平置きで見るとこの様相

     

     

     

     

    ぎゅんと細くなっているのがおわかりでしょうか?

     

     

    シンプルに見えてこれが結構ないカタチ

     

    足をねじ込んで穿く、そんなイメージです

     

     

     

     

     

     

    サイドポケットはタテ付けのヤンキー仕様

     

    後ろポケットは片玉縁ポケット

     

     

     

     

     

     

     

    良い雰囲気のパッカリング

     

    経年変化も楽しんで頂けそうな、質実剛健な造り

     

    この光沢感のある生地感も絶妙にはまってます

     

     

     

     

     

     

     

    トップボタンはオリジナルのスナップ釦

     

    かっこいいでしょ?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    では実際に穿いてみます

     

     

    173cm 64kgでSIZE 2を着用

     

     

     

     

     

     

     

    股上が深いのでジャストウエストでしっかり穿いてください

     

    そうするとこのパンツの良さが最大限引き出せます

     

     

     

     

    また、トップスのタックインとは相性抜群ですのでお薦めです。

     

     

     

     

     

    ボンスリ

     

    SIZE 1/2/3

    COL BLK

    PRICE 16,000 yen

     

     

     

     

    オンラインショップにも掲載しております

     

     

     

    是非ご覧くださいませ◎

     

     

     

    ▼ONLINE SHOP

     

     

     

     


    C-PANTSの洗い方

    0

       

      THEモンゴリアンチョップスです

       

       

      先日こちらのBLOGで、

       

      たっぷりとお伝えしたC-PANTSですが

       

       

       

       

       

       

       

       

      本日はその洗濯についてご紹介したいと思います

       

       

       

       

       

       

       

      はじめに

       

      生のジーパンは、基本的に丈上げする前に一度洗濯し糊を落とします

       

       

      いくら防縮加工がかかっていても、綿である以上洗濯後少しの縮みが出ますし

       

      糊が落ちると生地が柔らかくなり、全体的に下に落ちる分、丈の感じも変わってきます

       

       

      なので、生デニムの丈上げはワンウォッシュ後が絶対なんです

       

       

       

       

       

       

       

      それでは始めましょう

       

       

      まず

       

      バックポケットに付くフラッシャーを

       

       

       

       

       

       

       

      思い切って取ります!!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      取れました。

       

       

       

       

       

       

       

       

      それでは、洗濯機に水を溜めていきます

       

       

       

       

      このとき、お湯を使ってしまうと、一気に色落ちしてしまったり、想定外に縮んでしまったりするので

       

      水を使って洗います

       

       

      もちろん誰も足を通していない真っ新の状態なんで、洗剤は入れなくて良いです

       

       

      ジーパン用洗剤なんかも出ているみたいですが

       

      個人的には汚れた場合、あまり気にせずに普通に洗剤を入れて洗濯します

       

       

      自然に穿いた方が自然に色落ちするんで、それくらいの等身大で穿く事をお勧めします

       

       

       

       

       

       

      少し話が逸れました

       

       

       

      この洗濯機に水を溜めている時間を利用して

       

      ジーパンを裏返します

       

       

       

       

       

       

       

       

      ”裏返して洗う”

       

      これは、色んな本などにも載っている基本

       

       

      ただ個人的には裏返さず表のまま洗ったりもしますが

       

      一応基本として「裏返して洗う」は覚えておきましょう

       

       

       

       

      さあ、準備ができました

       

      それではジーパンをしっかり見つめて

       

      「かっこよくなれ」と心の中で願いましょう

       

       

       

       

       

       

       

       

      お願いができたら

       

       

      いざ、投入します!!

       

       

       

       

       

       

       

      しっかり全体が水に浸るように調整したら

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      あとはフタを閉めて待ちましょう

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      この待っている時間がすごくワクワクします

       

      普通、洗濯は面倒くさいものですが

       

       

      ことジーパンの洗濯となると毎回ワクワクするのは、本当不思議です

       

       

       

       

       

       

       

       

      そうこうしているうちに

       

       

       

      上がってきました

       

       

       

       

       

       

       

      洗ってへなっとしてしまっているミミの部分を

       

      しっかり開いてあげたら

       

       

       

       

       

       

       

       

      あとは太陽の光で乾かしましょう

       

       

       

       

       

       

      天日干しすると、パリッと仕上がって穿いたときに気持ちいいです

       

       

      乾燥機を使ってもいいのですが、

       

      より縮みが出るのと、生地やパッチなどが傷みやすいので

       

       

      せっかくなら気長にベランダで乾かすのをオススメします

       

      気長に待った分、乾いたときのテンションも上がりますし

       

       

       

       

       

      あとはお好みの長さに裾上げして

       

      晴れて相棒となるわけです。。

       

       

       

       

       

       

      どうでしたか?

       

       

      洗濯といっても、デニムの洗濯はほんとに楽しいものです

       

       

       

       

      これが色落ちが始まってきてからの洗濯になると

       

      さらにドキドキもプラスされます

       

       

       

       

       

      こんなほかの服ではなかなか味わえないところも

       

      「ジーパン」の魅力だと思います

       

       

       

       

      今年はジーパンを生から穿き込みたいなってお考えなら

       

       

       

       

       

      THEモンゴリアンチョップスのC-PANTS

       

       

      以後お見知りおきを。

       

       

       


      C-PANTSの何たるか

      0

         

        THEモンゴリアンチョップスです

         

        プロ野球チームも一斉にキャンプインして

         

        本格的に1年が動き出すこの2月

         

         

         

        この時期になると、なぜか身の回りの物

         

        特に相棒的な道具であったりを一新したくなるのは自分だけではないはず

         

         

         

         

         

        例えば新しい靴や財布なんかは、今年1年やり切るぞって中でテンション上がる部分だと思うし

         

         

         

         

         

         

         

        そして、「ジーパン」って存在も、そこの部分を担う類ではないかと思うんです

         

         

         

         

         

         

         

         

        C-PANTS

         

         

         

        私たちがブランドとして活動しだした当初からラインナップに名を連ねる古参でありながら

         

        定番として、今は2タイプの形がリリースされている私たちが作るジーパン

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        C-PANTS "001"

         

        C-PANTS "101"

         

         

         

         

         

        そもそも私たちTHEモンゴリアンチョップスの二人とも

         

        ジーパンは昔から変わらず好きで

         

        ジーパンがきっかけで、今こうして活動しているようなもの

         

         

         

         

        ジーパンは、それだけ思い入れの強いアイテムなんです

         

         

         

         

        そんな思い入れも拘りもいっぱい詰め込んだ私たちのジーパン

         

        ”C-PANTS”の何たるかを、BLOGに書きたいと思います

         

         

         

         

         

         

        まず、基本的なディテールから

         

         

         

         

         

         

        もともと、このシーパンを作る際にベースになったもの

         

        それがLevi's社の501XXという、ジーパンの神様みたいな存在

         

         

        これはほとんどの人が一度は聞いたことのあるであろう代名詞的モデルだと思います

         

         

         

         

        その中でも傑作と呼ばれる47年モデルを所有し穿いていく中で思った事

         

        雰囲気、カッコよさ、物欲をみたしてくれる存在感、そのあたりはもうほんとにすごいんです

         

         

        でも、元来本気のワークウェアなんで

         

        スタイリッシュではないし、古いものだから気は使うし、ボタンフライは面倒くさいし

         

         

         

         

        「だったら自分たちの解釈でスタンダードを作ろう」

         

         

        そんなことから始まったジーパン作り

         

        時期はちょうどブランドとして活動し始めたかどうかぐらいの頃

         

         

         

         

        まずは自分たちの解釈で”いるもの”と”いらないもの”を取捨選択

         

         

         

         

        例えば、

         

        ボリュームのあるベルトループの太さとバランスは継承しながら

         

         

         

         

         

        使わないコインポケットは削除

         

         

         

         

         

         

         

         

        ボタンフライは面倒くさいからジップフライに

         

         

         

         

         

         

         

         

        でも、バックポケットの大きさやステッチの幅の感じやバランスは継承

         

         

         

         

         

         

         

        そんな感じで、あーでもないこーでもないと出来上がっていきました

         

         

         

         

         

         

         

        そんな中でひとつ、ジーパンと呼ばれるパンツすべてに

         

        共通して設けられているディテール

         

         

        ”バックヨーク”に着目しました

         

         

         

         

         

         

         

         

        このバックヨークの存在はジーパンがジーパンである由縁といっても過言ではないくらいで、

         

        ジーパンと名の付くパンツには必ずといっていいほど付いているんです

         

         

        皆様も一度お手持ちのジーパンを確かめてみて下さい

         

         

         

         

         

        これはおそらく、ジーパンがまだゴリゴリのワークウェアとして使われていたころの名残ではないかと思うのですが

         

        たっぷりとられた股上に対して、腰部分をホールドする補助的な役割があり

         

        その部分を切り替えることで、よりフィット感を高めていたのでは

         

         

         

        っと、これはあくまで推測なのですが、

         

         

        だったら、昨今のファッションアイテムになったジーパンには、このディテールは必要ないのではないか

         

        そう考えたんです

         

         

         

         

        なので、C-PANTSを見て頂くと一目瞭然

         

         

         

         

         

        バックヨークがない"ノーヨーク"仕様

         

         

         

         

         

         

         

        GパンからGパンたる由縁を取り除く

         

         

         

        C-PANTSの誕生でございます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        その他

         

         

        日の丸をイメージしたピスネーム

         

         

         

         

         

         

         

         

        穿き込むごとに剥げてアジが出ていくラッカー塗ドーナッツボタン

         

         

         

         

         

         

         

        ポケット裏は全面当て布を施し、それを止めるためのトライアングルステッチ

         

         

         

         

         

         

         

        ひとつひとつ私たちの手で型を抜き、焼き印を施した革パッチ

         

         

         

         

         

         

         

        等々、喋り出すと止まりません

         

         

         

         

         

         

         

        また、そんな拘りの詰まったディテールと同じくらい見てほしい所は

         

        C-PANTSのシルエット

         

         

         

         

         

         

         

        まず、リリース当初からラインナップの"001"

         

         

        C-PANTS"001"

         

         

         

         

         

         

         

        特筆すべきは、膝下に絞りがなくズドンと下に落ちたパイプドステムという形

         

        これが本当に良いシルエットを出すんです

         

         

        "001"

         

         

         

         

         

        腰回りは少し絞り気味なので、若干細身な体系にフィットするタイプ

         

        私たちの考えるジーパンのスタンダードを表現したモデルです

         

         

         

         

        宮崎との相性も抜群です

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        対して

         

        比較的新しくラインナップに加わった"101"

         

         

         

        C-PANTS "101"

         

         

         

         

         

        001に比べ、股上をやや深めに取り

         

        お尻のあたりからワタリまでも若干余裕を持たせ

         

        裾までズドンと落とした独自のシルエットなのがこの"101"

         

         

        "101"

         

         

         

         

         

        太いシルエットが好みの方や比較的体格の良い方やにお勧めなのがこちら

         

        カジュアルはともかく、ドレスな合わせにもばっちりハマると思います

         

         

         

         

         

        もちろん、こちらも宮崎との相性抜群

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        この2型に共通して使用しているデニムは、朱色耳のオリジナルセルビッチデニム

         

         

         

         

         

         

         

        このデニム一番のポイントは

         

        ”防縮加工”のみ行っているという点

         

         

         

        その為、生デニムの宿命とでも言うべき、洗濯後の縮みがほとんど見られません

         

        ですので、試着するときに2〜3インチ縮んだサイズ感を想像しながら選んだりする心配がないんです!

         

         

         

         

        でも、穿き込むごとにねじれたり、ヴィンテージみたいに毛羽立ったりと

         

        ”アジ”を楽しめるポイントはちゃんと兼ね備えています

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        このC-PANTSを通して、私たちが一番伝えたいのは

         

        ジーパンを穿くことの楽しみ

         

         

         

         

         

         

        フラッシャーの付いた生のデニムを手に入れたら

         

         

        まずは

         

         

        ,修里泙淦く

         

        ▲錺鵐Εッシュしてから穿く

         

         

        これを選びます

         

         

         

        ,里修里泙淦くを選んだ場合は、裾を折り返すか若干長めに裾を上げて、色落ちが始まるかなってくらいまで穿き込みます

         

        その後、晴れてワンウォッシュ、丈上げといった流れになります

         

        糊のきいた状態で数ヶ月穿き込むと、後々アジが出やすくなります

         

         

         

         

        対して

         

        △離錺鵐Εッシュしてから穿く場合は

         

        ワンウォッシュ後にすぐお好みの丈に上げて穿き込めます

         

        色落ちの濃淡は若干,卜瑤蠅泙垢、それでも充分育っていく過程を楽しむことができます

         

         

        逆にあまり色落ちさせたくない方は、はじめにワンウォッシュした方が良いかもしれませんね

         

         

         

         

         

        ジーパンの洗濯に関しては

         

        また後日、こちらのBLOGで紹介しようと思いますが

         

         

         

         

        直営店にて購入頂いた場合には

         

        「ワンウォッシュ」+「通天閣の麓での天日干し」も承っておりますのでお気軽にお申し付けくださいませ

         

        また、シングルステッチでの丈上げも無料でさせて頂いております

         

        ※その場合、ワンウォッシュ後再来店して頂き、その後の丈上げとなりますので

        最短でも1週間ほどみていただければと思います

         

         

         

         

         

         

        このように、手に入れても完成するまでに時間を要する

         

        なんだったら、穿き込んで穿き込んで、色んな苦楽をともにして完成する

         

         

         

        それがジーパンの楽しみであり、カッコ良さだと私たちは思うんです

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        やっぱりジーパンって良いなって

         

        自分自身このBLOGを書きながら改めて感じました。

         

         

         

         

         

        C-PANTS

         

        SIZE 1・2・3・4

        COLOR RIGID

        PRICE ¥20,000-

         

         

         

        ジーパンの楽しさを感じて頂ければ

         

        もっとファッションも楽しくなるはずです。

         

         

         

         

         

         

         

        今なら全サイズ在庫しておりますので、

         

        穿いてみたいなって方は是非一度お試しくださいませ

         

         

         

         

         

        それでは何卒宜しくお願い致します。

         

         


        | 1/4PAGES | >>